2009年05月10日

音と音楽の現場から5

喜び勇、いざ東京へ

しかし、新子安の駅のホームで驚いた。
訓練会場でみた顔がゾーロゾロ。その数なんと三十人。
こんなにいるとはしらなんだ。恐る恐る近づいて
「君たちもか?」と尋ねると、
「ミキサーになるためにビクターに入社した」、、、冷や汗

手元を見れば、録音機材の専門書、口元からは専門用語が乱れ飛び、思わずでたよ゛こ
りゃあかん’
遊び仲間は望み薄、知った振りして相づち打ってみなの後をついていく。
地図を片手に辿り着いた築地のスタジオ。
みなの想像裏切って、その建物は田舎の郵便局を思わせる木造二階建。
皆も半信半疑、辺り見回しあきれ顔。
posted by アナログオヤジ at 12:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/29035292

この記事へのトラックバック