2009年05月10日

沖縄編 その七

翌日、沖縄の空は晴れ。すでに夏の陽射しである。
いざ本番!
私は二人に先に市民会館に行ってもらった。いつもの癖で一人になるためである。
玄関を出た後、神経を集中するため、自分のペースで歩き、録音現場に到着するまで人と話したくないのである。
到着したときは、完全に意識がピークに達している。あとは身体が勝手に動き、次々に指示を出す。
大変な録音のときはいつもそうだ。この時、この録音は絶対うまく行くと確信した。(不思議な感覚である。好きになった沖縄でこれだけ集中できている。)
ミキサー卓の前に座り、スピーカーとの距離と角度を決めた後は、指示した機材のセッティングと調整を待っている間、調整室の中を、檻のなかの熊のようにうろうろと歩き回ったり、客席に座ってステージを眺めたり、端から見ればおかしいかもしれないが、それをやることで意識をキープしているのだ。
オケピットとステージに、次次とマイクが立っていく。
演奏の人々が徐々に入って来て、自分の席に座っていく。
私は追い掛けるように、マイクの位置と角度を決めていく。
指揮者の粟国さんは、上地さんやオケの人たちと譜面の最終確認や直しを行なっている。
リハの定刻よりずいぶん遅れてバンドのメンバーが集まり始めた。沖縄フィルのメンバーも合唱の皆さん、語りの平良とみさんも揃ったが、バンドのギターが一人来てない。
「嘘だろう?」電話をしてもどうしても連絡がつかないという。
posted by アナログオヤジ at 18:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/29040448

この記事へのトラックバック